ロジカルシンキング研修

本研修の狙い

論理的に「考える」「話す」「書く」という論理思考力を強化することで、次の問題解決力を強化する。
①「考える力」 ②「話す力」 ③「書く力」 ④「問題発掘力」 ⑤「問題解決力」

ロジカルシンキング(論理思考)は、 年齢を問わず、すべての社員に必要な基礎能力です。また、社外と対等に交渉するためにも不可欠となっています。社内の共通言語として、そして対外交渉の強化のためにも、早期に社内言語として、ミッシーやピラミッドストラクチャなどの考え方や手法を定着させます。

▲詳細問い合わせ

論理思考がビジネスに必要な理由

「論理思考」は、「思考」という名前が付いていることからも分かるとおり、単に「知識」を吸収するだけでは不十分で、それを「考えるスキル」として自由自在に使えるようにしなければ意味がありません。

仕事力をアップさせるためには、ただただ、がむしゃらにがんばるだけではなく、論理的に考えるための技術を身につけることが必要です。論理的に考えることで、頭の中が整理され、相手を説得する話し方も可能になるのです。

対象部門:

経営・事業企画などの戦略企画部門の方
上級管理者、管理職、中堅社員、管理職の選抜

参考:セミナー実績のご紹介

目標とする成果

ロジカルシンキングスキルをケース・実践をテーマによる演習を通じて、習得することで
・モレなくダブりなく整理するスキルを習得します
・演繹法と帰納法を意識した論理展開スキルを習得します
・俯瞰的な視点から事象をとらえ、問題点を把握するシステムシンキングのスキルを習得します
・他者との共同作業により成果を出す組織的課題解決能力向上のためのスキルを習得します
・自己の業務上の課題を実践テーマとしてとりあげ、課題解決を検討します

サンプル)「ロジカルシンキング」研修カリキュラム(1日コース)

第1章 論理思考とは
第2章 論理思考の基礎手法
第3章 体系的にとらえる思考法
第4章 発想を広げる思考法
第5章 分析力を高める思考法
第6章 解決策を見つける思考法
第7章 説得する思考法
 ※章の切れ目でディスカッション問題

3分間スピーチ(ピラミッドストラクチャの演習)
グループ演習(ミッシーで情報整理)(ロジックツリー)

発表(5分/G)

▲詳細問い合わせ

サンプル)「ロジカルシンキング」研修カリキュラム(2日コース)

1日目

【第1部】基礎知識
第1章 論理思考とは
第2章 論理思考の習慣を身につける
第3章 論理思考の基礎手法

【第2部】手法
第4章 体系的にとらえる思考法
第5章 発想を広げる思考法
第6章 分析力を高める思考法

論理演習ドリル1
(講義内に随時入ります)

グループ演習1(ロジックツリー)

発表(3分/G)

2日目

【第2部】手法(続き)
第7章 解決策を見つける思考法

【第3部】ロジカルに話す

論理演習ドリル2
(講義内に随時入ります)

3分間スピーチ
(ピラミッドストラクチャの演習)

グループ演習2
(SWOT分析)

発表(3分/G)

まとめ

▲詳細問い合わせ

「ロジカルシンキング」研修カリキュラム(フルコース)

ロジカルシンキングを徹底的に身につけるためのフルコースカリキュラムです。
①ロジカルシンキングの社内定着
②業務を論理的に進めるためのスタート点
③管理職の養成、管理職の選抜(別途、論文テスト実施可)なども対応いたします。

4日間に渡る長期コースですが、下記のように分割しての実施も可能です。
(案1)宿泊合宿(1泊2日×2回)
(案2)日帰り研修(1日×4回)
(案3)1回3時間(3時間×8回)

1−1 考える

【第1回】 論理的に考える①
論理思考と戦略的コミュニケーション
(1)論理思考とは何か、論理思考の効用
(2)筋道を明確にする三角ロジック
(3)コミュニケーションの自分のクセを知る
(4)自分理解・他人理解の方法

(演習)ハーマンモデル分析と情報交換

【第2回】 論理的に考える②
論理思考の基礎となる技術
(1)ミッシー→プライオリティがスタート点
(2)フレームワークで全体を把握する
(3)ロジックツリーで階層に分けて整理

(演習)収益を上げるためのロジックツリー

1−2 発想する〜話す

【第3回】 発想力と情報整理力を高める
発想広げ混沌とした情報を整理する技術
(1)思考の基本プロセス「発散-収束」
(2)書きながら考える「ブレストマップ」
(3)ブレーンストーミングで発想力アップ
(4)情報整理「グルーピングと優先順位」      

(演習)身の回りの問題発掘〜演習の評定(合否判定)      

【第4回】 論理的に話す技術①
「並列型」ピラミッドストラクチャ
(1)コミュニケーションとプレゼンの違い
(2)コミュニケーションの基礎
(3)重要なことは3つ前後に整理する
(4)説得法「並列型」ピラミッドストラクチャ

(演習)3分間スピーチの作成と発表

2−1 話す〜書く

【第5回】 論理的に話す技術②
「解説型」ピラミッドストラクチャ
(1)結論が先か後かの判断基準
(2)「起承転結」で説得ストーリーを構築
(3)「解説型」ピラミッドストラクチャ

【第6回目】 論理的な文章を書く技術①
1000字以内を書くコツ
(1)文章の基本ルール
(2)目次作成から文章を作成する手順
(3)キーワードを書き足しすのがコツ

(演習)1000以内の文章を書いてみよう
 ※1人1台のパソコン使用

(演習)3分間スピーチの作成と発表

2-2 書く~情報整理と問題解決

【第7回目】 論理的な文章を書く技術②
1500字以上を書くコツ
(1)目次段階でストーリーを完成させる
(2)目次を2段階にして完成度を高める
(3)ピラミッドストラクチャを文章にする   

(演習)1500字以上を書いてみよう
 ※1人1台のパソコン使用

【第8回目】 体系的に情報を整理
マトリックスとプロセス
(1)分析に使えるマトリックスの作成法
(2)問題解決のプロセスの作成法と活用
(3)「改善型」と「改革型」の問題解決手順 

(演習)クロスSWOT分析
 ※グループ1台のパソコン使用

本研修の詳細については下記からお問い合わせください

貴社/組織名
住所
電話番号
所属/役職
氏名
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ホームページ
希望研修テーマ
開催時期
予定人数
詳細内容