1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則

出版社: ソフトバンククリエイティブ
ジャンル:戦略思考、マーケティング
価格:¥1,000  Amazonで購入する

書籍概要

1分でコトラー流マーケティングの極意が学べる本
本書は、マーケティングの神様=フィリップ・コトラーのメッセージを77個紹介する語録集。
そのメッセージを通して、通勤時間や待ち時間など、「スキマ時間の1分間」を活用して、コトラー流マーケティングをマスターすることができる。

目次

第1章 「顧客優先とサービス」がうまくいく
第2章 「販売と利益」が最大化する
第3章 「成長と製品」がリンクする
第4章 「情報と未来」が的確に見えてくる
第5章 「マネジメントとコスト」の問題解決
第6章 「イノベーションと組織」のノウハウ
第7章 「広告とクチコミ」の効果が倍加する
第8章 「ブランドと企業価値」を確実に築く

本書「はじめに」より抜粋

戦略やマネジメントの大巨匠と言えば、次の3人の博士でしょう。いずれも、戦略やマネジメントの概念を作り上げた存在と言えます。

マーケティング・・・P.コトラー(Philip Kotler)
マネジメント・・・・・P.F.ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)
競争戦略・・・・・・M.E.ポーター(Michael Eugene Porter)

中でもコトラー博士は、マーケティングの発明者だといっても過言ではありません。「マーケティング」と「セリング(販売)」は、もともと異なる概念であることを提唱しました。

セリングでは、すでにあるものを販売する「売る手段」に重きが置かれます。いかに売るかに知恵を絞る立場であり、顧客の視点より、販売側に視点が偏ります。いわゆる「営業力」の強化は、まさにセリングの考え方です。

一方、マーケティングは、「売れる仕組み」づくりです。売れるしくみをいかに構築するかを考えるためには、顧客が何を求めているかをつかみ、商品企画んまでさかのぼる必要があります。

つまりマーケティングは「顧客」が出発点なのです。

コトラー博士は、現在はすでにマーケティング3.0の時代になったと言っています

・マーケティング1.0 マスマーケティングの段階で、製品中心のマーケティングです。
・マーケティング2.0 STPマーケティングの段階で、顧客志向のマーケティングです。
・マーケティング 3.0 現代の段階で、勝ち主義のマーケティングです。

現代では、インターネット上のコミュニティ出現といったニューウェーブ、つまり「新しい波」によって、顧客の価値観や欲求が短時間で共有化されるようになりました。有名なブロガー(ブログを公開している人)が推薦するだけで商品やサービスが一気に有名になり、爆発的な売り上げにつながったりします。あるいは、ネット上のコミュニティで募集された新商品のアイデアからヒット商品が生まれる成功例が増えています。マーケティング3.0は、そんな時代の戦略だと言えます。

ただし、現在がマーケティングの第3段階だからといって、マーケティング1.0と2.0が無力化したわけではありません。これらは、3.0への進化の過程であり、土台となるものです。今までの1.0と2.0を踏まえた上で、時代に対応した戦略が求められているのです。




新書: 184ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2012/9/1)
ISBN-10: 4797366001
ISBN-13: 978-4797366006
発売日: 2012/9/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です